×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

頭金無しで家を買ってはダメだよ

.

■ 不動産の販売手法の一つに任意売却というものが有ります

このホームページに掲載するには少々場違いな、いささか不本意な題材かと思いますが、このような事も出来るのだという一般知識としてご記憶いただければ幸いです。

なぜ、この任意売却の情報を、このサイトで公開するかと申しますと。 このホームページのアクセス解析をみてみますと、”頭金なし マンション購入”,”頭金ゼロ 不動産”などの単語での検索がされております。 そして、実際に頭金ゼロでマンションをご購入されれたり、家を購入されたりする方々がおります。 また、その頭金を仲介業者に融資をしてもらった上で不動産をご購入なさる方々もおります(違反行為ですが)。  しかし、頭金のご用意が全く無いのに不動産をご購入なされるということは、月々の返済額が大きくなるということです。 そして結果、住宅ローンの返済に行き詰まってしまうことに陥る場合が多いのです。
頭金なしで不動産を買われた方が住宅ローン地獄に陥ったケースも説明されておりますので参考になさってみてください。

任意売却に関しましては、任意売却相談室のウエブサイトにより詳しく記述されておりますので参考にしてくださいませ。

不動産の任意売却とは、住宅ローンのご返済が何らかの事情により出来なくなってしまった場合に、その問題の不動産を売却をして住宅ローンを返済することです。 普通、中古となった不動産を売る際には、売却価格よりも残る住宅ローンの額の方が遙かに多いので、不動産を売ったにせよ多額のローンが残ります。

この残る残債務は免責とはなりませんので、一生かかっても返済をしなければなりません。 しかし、この返済額は月々5千円とか8千円とか1万円などのような低い額、売却後に生活に支障を来さない額に設定されます。

住宅ローンが払えなくなってしまった場合、ご自分の身内に借金をしまくってまで返済を続ける。 またはクレジットカードのキャッシングでお金を工面して返済を続ける。 ノンバンクで借りる。 これらは、住宅ローンという低い金利の借金に、遙かに高い金利の借金で返済をすることになります。 結果、借金のスパイラルに突入して行くことになるのです。 この状況に陥ると借金が雪だるまとなります。

住宅ローンのご返済が3ヵ月止まると、競売を申し立てて来る大手都市銀行のような金融機関もございますし、住宅金融支援機構などは6ヵ月までの延滞を認めてくれているところもございます。

競売で家を取られるのも、ご自分の意思で売却する任意売却もそれ程の違いはありません。 ただ、競売は落札をされたら『さ〜荷物をまとめて出て行ってください!』で、お終いですが、任意売却は、出て行くにあたっての引越代の交渉ですとか、引越時期の相談が可能です。 それと、前記しておりますが、月々のご返済額の交渉が可能となっている点です。 競売の場合には競売前の返済額を返済し続けなければなりません。

競売で家を取られた挙げ句、今まで通りの返済が求められ続けます。 しかし、任意売却は前記しましたように、その方の収入に合わせた返済計画が認めてもらえることが普通です。

住宅ローンの返済に行き詰まってしまって、そして債権者・金融会社からの督促を無視し続けて競売になってしまわれた方々の体験談をまとめたサイトもあります。 それと、競売ではなく任意売却で処理して良かったという方々の体験談も合わせておよみください。 この方々の体験談をお読みいただき、万が一ご自分がそのような状況に陥ってしまわれた場合の教訓としてくださいませ。

任意売却とは何か、競売とは何か、競売と任意売却の違いは何かなどをビデオとして配信されております。 そちらは文書では無いので、もうチョット分かり易いかもしれません。

くれぐれも住宅ローンのご返済には注意をなさってください。 返済には全然問題の無い収入を得ているご家庭の方でも、ついウッカリで競売を申立られてしまうケースもしばしばございます。 マンションの管理費の滞納4ヵ月、約20万円以下でも競売を申立られてしまっているケースもあります。

日本全国の任意売却の業者さんのネットワークを構築し、いかなる任意売却にも対応出来 るサービスを提供している組織もあります。

このページで使用されております任意売却の単語、競売の単語で意味が分からないものがございましたら、任意売却と競売の単語・用語辞典をご参照ください。